Draw our MIRAIZ
読み込み中...
Draw our MIRAIZ

地域の明るい未来図を共に描き
発見する場所

MENU
NTT西日本
Draw our MIRAIZ
MENU

地域の明るい未来図を共に描き発見する場所

地方在住で東京のカフェ店員?分身ロボットが広げる働き方の未来。
病気や障がいを持つ外出困難者のコミュニケーションツールとして株式会社オリィ研究所が開発した分身ロボット「OriHime」。インターネットへの接続で設置場所にいる人と会話ができ、顔や手も動かせるなど、自分の分身(アバター)としてコミュニケーションをサポートしてくれる。オリィ研究所では、OriHimeの利用者に働く機会を提供するため2021年6月、東京・日本橋に「分身ロボットカフェ DAWN ver.β」(以下、DAWN)をオープン。人間が遠隔操作するロボットの接客が話題を呼び、現在では予約が困難になるほど客足を伸ばしている。今回は、DAWNでOriHimeのパイロットを務めるうーさん(臼井美嘉さん)と店長の杜多啓佑さんに、お店やパイロットの現状、今後の課題などを伺った。
うーさん(臼井 美嘉)
うーさん(臼井 美嘉)
分身ロボットカフェ DAWN ver.β パイロット
杜多 啓佑
杜多 啓佑
分身ロボットカフェ DAWN ver.β 店長

オリィ研究所のロボット技術が外出困難者の社会参加をサポート

DAWNの開業時からパイロットを務めているうーさんは、福岡県在住。狭心症の持病があり、小学生の子ども二人を育てていることから結婚後は主婦業に専念していました。しかし、OriHimeと出会ってリモートでの社会参加という道を見出し、現在はお店を代表するスタッフとして活躍しています。

うーさん

うーさん
私がDAWNで働くことになったきっかけは、オリィ研究所のTwitter。亡くなった祖母が晩年、ALS(筋萎縮性側索硬化症)を患って、徐々に満足にコミュニケーションが取れなくなることに、お互いもどかしさを感じていました。そんなときに目線で意思疎通を図る「OriHime eye」というシステムが開発されたことを知り、オリィ研究所の動向を追うように。やがて私も結婚し、専業主婦をしていたのですが、OriHimeを使ったカフェのオープンとパイロット募集の告知を見て、「私も、もう一度社会に参加できるかも」と思い、応募しました。採用面接や契約も全部リモートで行って、今も福岡にいながらリモートでパイロットのお仕事をしています。

DAWNに初めて来店した人は、AIの自動制御ではなく人間が操作するOriHimeに驚くことも多いのだとか。

DAWNの店内、OriHime

うーさん
DAWNの店内には、お水を運ぶ120センチの自走ロボットと受付を担当するロボット、それにテーブルでお客さまとお話するOriHimeがいます。私たちの活動を知らず、初めて入ったお客様は、みなさん「え、中に人がいるの!?」と驚かれます。私も最初、ロボットでの接客をなかなかイメージできませんでしたが、今では、まさに分身、自分の姿が乗り移っているよう。お店にはOriHimeのパイロット体験コーナーもあるので、みなさんにもぜひ、この感覚を共有していただきたいです。

思うように体を動かせない人にとってOriHimeは自身を表現するためのツール。同じ見た目でもパイロットの操作によってさまざまな個性が現れます。

うーさん
OriHimeはタブレットやスマートフォンで直感的に操作できるので感情表現をしやすいと思います。開発者の吉藤オリィさんが関西出身だからか、「なんでやねん」というツッコミをしているような動作もできるんです(笑)。パイロットはみなさん個性豊かな人ばかりなので、常連のお客様だと、声を出さなくても誰が操作しているかすぐに分かるみたいです。パイロット同士でオンライン懇親会を行うと、OriHimeでよくうなずいている人が、ご本人もやはり同じ動きをされていたりして、会ったことがないのに既視感があるというのがとても感慨深いです。

OriHime

DAWNの接客業務では、遠隔操作だからこそ感じた難しさも。

うーさん
お話しているときに動きが止まったり、あまりじっと見つめるとお客様が緊張されてしまいます。逆に動きすぎても落ち着きがない印象を与えてしまう。そういったコツは、お話しながらつかんだり自分で研究もしていますが、まだまだマスターできていないですね。そういう意味でOriHimeは、とても奥が深いロボットだと思います。お子様だと、ちょっと動きが多いほうが喜んでくれて、私が「うーさんだよ!」と挨拶すると、「うーさん、よろしくね!」と、お友だちのように接してくれるのがとてもかわいいです。最近では海外からのお客様も増えているので、英語でスムーズな接客ができるようになるのも課題ですね。

時間や場所にとらわれない働き方 OriHimeとともに無限の世界へ

うーさんはDAWNでの仕事を皮切りにレジャー施設での受付やイベントの補助など、複数の地域でOriHimeの業務を拡大。新たな仕事の可能性を次々と開拓しています。

うーさん
自分の体が福岡にありながら場所に制約なくお仕事できるのは、やはり魅力的です。午前中に沖縄、午後から東京でお仕事なんて普通は考えられないけどOriHimeならそれを可能にしてくれる。さまざまな場所でお仕事させていただくようになり、自分の世界が広がる喜びを感じています。DAWNのお仕事を始めるまでは、「いついつまでにこれをしなければいけない」というプレッシャーがありませんでした。それが今は予定表に「○時〜和歌山、○時〜東京」とこまめに予定を書き込んでいて、アクティブな自分に驚いています。

イメージ

多様性が唱えられている時代にマッチするOriHime。働き方の幅広い選択肢を生み出すことにも期待がかかっています。

うーさん
XR(※)を推進されている方が視察も兼ねて来店されることがあり、OriHimeの可能性について、お話させていただくことがあります。たとえばフルタイムのお仕事をしていると子どもが熱を出した場合、これまで「働くか休むか」という二択になってしまっていたのが、OriHimeでの対応が認められれば働き方にもバリエーションが生まれます。病気や障がいを持つ人、子育て世代や介護をされている人がOriHimeのようなロボットを活用して、これまで強いられてき負担や努力を軽減できれば社会全体がもっと成熟したものになるのではないかと思います。


※XR(Cross reality)とは。
仮想現実や拡張現実と現実の世界を融合し、擬似空間などを生み出す技術の総称。「VR(仮想現実)」「AR(拡張現実)」「MR(複合現実)」「SR(代替現実)」といった仮想世界と現実を融合させる画像処理技術は、いずれもXRに含まれる。エクステンデッド・リアリティと呼ぶこともある。

運営の観点から見る分身ロボットカフェの特性

革新的な取り組みで飲食業界に新風を吹かせているDAWN。開店から1年が経ち、来店客の傾向やお店を取り巻く環境について、店長・杜多さんが感じている手応えとは。

杜多圭佑さん

杜多
店舗を作るにあたりクラウドファンディングを行っていたので、オープン当初のお客様は、ご支援してくださった方々や我々の活動に理解がある方、もしくはロボット技術に関心がある方が大半でした。しばらくして来店数が落ち着いたことに加え、新型コロナウイルスの感染拡大もあったので、2021年の終盤は厳しい時期もありました。ただ、そこからはオリイ研究所やOriHimeのことを知らない、予備知識を持たずに来店してくださる方が増えています。あと、ここ最近は海外からのお客様が急増しており、当店への関心が高まっていることを実感します。

現在、約70名が名を連ねるOriHimeパイロットたちの就労意欲の高さも、お店の活気に繋がっています。

DAWNの店内、OriHime

杜多
私は飲食業界に身を置いて十数年になるのですが、OriHimeパイロットのみなさんが一つの業務にかける思いには並々ならぬものを感じます。メニューを覚える、ご挨拶する、お客様をご案内するなど、一つ一つのタスクに対する熱量がとても高い。オープン前のパイロット募集にもたくさんの方が関心を示してくださり、そこは、どんな形でも働ける方と比べてモチベーションに違いがあるのかもしれません。

前例がない分身ロボットを使用したカフェ運営。その特殊さから通常の飲食店とは違った、さまざまな課題も見えてきました。

杜多
現場スタッフとリモートで働かれているOriHimeパイロットのコミュニケーションや連携は、まだまだ発展途上の段階。お金の面でいうと人件費が通常の飲食業の倍近くかかりますが、当然、赤字になってはいけません。分身ロボットを使った働き方がスタンダードになるようお店を持続させ、そのためにちゃんと利益を出していくのがDAWNの本質的な課題です。私はITやロボット開発に関わった経験がないのですが、食とロボットをかけ合わせて新しいものを生み出すことに希望を感じ、オリィ研究所に入社しました。そのためにも今後、OriHimeの特性をさらに活かし、価値のあるコンテンツを作っていきたいですね。

今後はDAWNを起点に、OriHimeを使用した飲食業務のスキーム提供も計画しています。

DAWN

杜多
当店のように店舗まるごとではなく、1〜2席だけ、もしくはレジの隣にOriHimeを置くなど部分的な運用方法の活用は検討していただけるかと思います。そうなった場合、導入する側のメリットも考え、我々もこの業態のビジネス性をさらに追求しなければいけません。そのためにもパイロットのみなさんが気持ちよく働ける環境づくりに注力し、DAWNがショールーム的な役割を担えたらいいですね。

うーさん(臼井 美嘉)
うーさん(臼井 美嘉)
持病があり、夫の転勤に伴う転居を繰り返していたためにフルタイムでの就業が難しかった。昨年6月からテクノロジーの力を借り、OriHimeパイロットとして就労中。子育てと家事と仕事とを無理なく両立できている。約10年のブランクがあり、長らく遠ざかっていた社会参加への不安も大きかったが、自分のペースで段階を踏んで仕事に取り組めたことも自信に繋がった。
カフェの接客、科学館のご案内係、物産展の売り子、VR空間での接客、朗読劇の出演など、分身の自分を拡張しながら全国各地で多種多様な仕事を経験し、刺激的な毎日を送っている。
たとえ寝たきりになっても誰もが役割を持って活躍できる社会を作る一助になれればと願っている。
杜多 啓佑
杜多 啓佑
イタリアン、ダイナー、カフェ等の業態でマネージャーを経験後、2017年にカフェ・カンパニー株式会社へ入社。
企画プロデューサーとしてコラボイベントの企画・運営やリブランディングを担当。
前職在籍中に地元でもある山形県酒田市の創業支援アドバイザーとして専門家登録し、飲食店のコンサルティング活動も開始。
2019年に担当店舗で開催された分身ロボットカフェのイベントで運営メンバーと出会い、2021年に分身ロボットカフェDAWN ver.β常設化のタイミングで株式会社オリィ研究所に入社。
ページトップへ戻る
この記事をシェアする